ワードプレス基本設定スラッグメリットと設定方法

ワードプレス基本設定スラッグメリットと設定方法ワードプレスは、ブログサービスと違って、
ちょっとややこしい基本設定(初期設定)があります。

少しずつでも理解して、使いこなしていきましょう。
今回は、スラッグについて。

 

 

 

スラッグって何?

初めて、ワードプレスを使う方には解らない用語がたくさんありますね。
使っていくうちに、1つずつでもいいので覚えていきましょう。

 

スラッグっていうのは、カテゴリやページ名に使う文字列のことです。

 

アドレスバーには、URLが表示されていますよね。
簡単にいえば、あの文字列がそうです。

 

前の記事でも書いたんですが、WEB上ではブログなりサイトなりの記事を
表示させるため、ページには一つ一つにURLが割り当てられます。
その文字列のことです。

 

こんな感じね。

カテゴリページスラッグ

 

ここで表示されるように、スラッグはパーマリンクの設定と関連性があります。
パーマリンクの初期設定については、自分の好きな構造で設定できますが、
後から変更するのは、とっても危険!!
(URLが無くなりますよ・・・・)
なので、最初の設定の時にどういった表示をさせるかなーって考えてから、
設定をしましょう。
こちらに詳しく書いてありますので、参考にしてくださいね。
ワードプレスの使い方パーマリンクの設定は最初が肝心です。

 

 

スラッグをつけることのメリットとは?

スラッグは、URLを表示させるための文字列です。
パーマリンクの設定もそうですが、別に設定しなくてもいいんですよね。

 

ただ、アドレスバーを見た時に美しくありません。
それと、検索ロボット君がページスラッグやカテゴリスラッグ見て、
関連性がある者同士を判断するのに役立つわけです。

なので、できればスラッグも設定しておいた方がいいですね。

それと、ページスラッグを設定した場合、アクセス解析なので、
検索ワードが区別しやすいですよね。

 

 

スラッグの設定方法(カテゴリ・ページ)

スラッグは、基本半角英数字で表記します。
なぜならば、日本語だと表示的には見えていても、変換されちゃうのよねー
(ダラダラ・・・ながーくなりますよ。私のがそうですが美しくないですね^^)

アドレスバーのURLは、短い方がいいみたいですよ^^

それを踏まえて、設定方法を解説しますね。

 

カテゴリスラッグの設定方法

カテゴリスラッグは、新規でカテゴリを作る時に一緒に設定する方がいいです。

ダッシュボードの中の、「投稿」→ 「カテゴリ」で、新規追加のところに
ありますよね。

こんな感じね。

カテゴリスラッグ

 

 

カテゴリ名の下に、スラッグを
入力します。

私の場合は、カテゴリの意味する名前を英語にして入力しています。

 

※好きなようにしていいですよ。
ただし、半角英数字で。

 

 

設定が完了すると、カテゴリでつけたスラッグがアドレスバーに表示されます。

 

 

ページスラッグ設定方法

ページスラッグは、パーマリンクの設定時に、記事タイトルを表示させるという
設定をした場合、記事に設定したスラッグが表示されます。
※後から過去記事の設定を変更すると、URLが変わりますので、
記事数が多い方は、変更しないほうがいいかと思います。

 

「投稿」→ 「新規追加」で新規投稿欄で上の部分。

記事投稿表示オプション

表示オプションの▼をぽちっとしてください。

※表示オプションは、たいがい閉じていますので、開いてから設定します。

スラッグ

上図のように、記事投稿欄で表示させたい項目をチェックする場所があります。
スラッグにチェックを入れると・・・・

 

記事を入力する欄の下の方に・・・・

スラッグ記入欄

右図のような、項目が表示されます。

 

 

この□の中に、これまた半角英数字で入力します。

 

ページ記事名のスラッグなので、解りやすくしたほうがいいですが、
難しいな・・・って思うようであれば、無視してもいいです。

 

ただ、パーマリンクの設定で投稿名を表示させる設定をしている場合は、
スラッグを設定しなければ、日本語が表示されます。

※パーマリンクの設定時で他の設定をしてる場合は、表示されませんが、
スラッグにはメリットもあるので、設定してもOK!!です。

 

 

スラッグの設定は、記事ごと・カテゴリごと毎回設定していきます。

 

個別ページの場合は、特にスラッグを設定したほうがいいと思いますよ^^

 

何回も書きますが、後から変更もできますが、
記事数が多かったり、もうインデックスされていて検索エンジンの上位表示されている場合は、なるべく変更しないほうがいいです。

 

ワードプレスもバージョンアップしていて、パーマリンクなどを変更しても、
自動的に301リダイレクトされますが、回避できない場合があります。
※リダイレクトとは・・・
URLを変更した場合、検索エンジンにもページが移動したことを伝えるためのもの。

 

phpファイルを追加・変更したりプラグインを導入したりすれば、
変更した場合も回避できますが、ワードプレス初心者さんやプログラム言語に
慣れていない方は、ちょっと大変かもしれません。

 

ワードプレスならではの基本設定ですので、最初にきっちり理解しながら、
操作してくださいね。
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:ちえぞう

chiezou



こんにちは。ちえぞうです。
手作りモノが、大好きで、好きが講じて手芸家になりました。
自分の時間を、もっと大事にするため、アフィリエイトもしています。 夢を叶える為に、日々奮闘中です。

もっと詳しくプロフィール♪

line

お役に立てたら、ぽちっとな ♪



Fc2ランキングへ



お問い合わせ

ペンちゃんをクリック!!

pen

ご質問や、ご相談など、
気軽にメールしてくださいね。

アメブロテンプレート参考本

このページの先頭へ