楽天アフィリエイトを発展させるには、複数ブログが必要か?

ワンピースアフィリエイト 楽天アフィリの実践

楽天アフィリエイトを発展させるには、
複数のブログをつくる方がいいのでしょうか?

それは、YesでもありNoでもあります。

 

 

 

私は、たくさんブログを作成するのが苦手なタイプ。

1つのブログをじっくり作りたい方なので、
楽天アフィリってどうっ?て思ったし、
なにより、キーワードでアクセス狙うのができなかったんです。

 

以前の記事でも書いているんですが、
新しくブログを立ち上げるのが、ちょっとめんどい・・・
だかた放置していた、日記ブログで活用ね!!
と楽天アフィリを開始してみました。
【放置している日記ブログをリサイクル】

 

 

実践すると、古いブログはちょっと記事が溜まっていたので、
それも有利に働いた?感がありました。

 

しかも、アメブロだったしね。

 

アメブロは、他のブログと違って、
記事が溜まった状態で、また更新し始めると、
以外にアメブロ内のアクセスが集まります。

 

これは、本当に不思議です。

 

それを最大限に利用して、キーワード実験を開始しました。

 

複数のブログでやっていたわけではありませんよ。
1つのブログから、始めます。

 

なぜか?

 

まず記事を更新しないと、どのキーワードが来るかわからんでしょう?

 

最初はトレンドキーワードで、
攻めていたので、本当に当たりはずれが多かったんです。

 

これは、いいかも!!

と自分で思ったキーワードが全然不発で、
どうかしら?って思ったワードが来たりして・・・・

 

こればっかりは、やってみないとわからないんです。

 

でも、ドラマ系のブログに日記ブログを変身させてから、
なんとピンポイントでした。

 

1つの商品を紹介するような専門ブログは、
その商品のことを、いろいろと解説していくようなブログを作らないと、
いいアクセスは生まれないんです。

 

日記ブログでも、訪問する方をイメージしてみて!!

 

検索エンジンでどんなワードでくるか?
ワードに関しての情報がなければ、そのブログなんて
サヨナラなんですよ。

 

目的にあった、ブログを見つかって、
初めて記事を読んでいただいているんです。

そこに、楽天リンクがはってあり、いい感じーって、
思った方が、クリックしてくれるわけです。

 

本当に、これ確率の問題です。

 

だから、アクセスをたくさん集めれば、
クリックされる確率が上がるでしょう?ってことよ。

 

だからね。

 

まず1つのブログで、アクセスを集めるブログを作ってほしいんです。

 

1つのブログで成功すると、
次のブログは、同じことをすれば集まるって、
解るでしょう?

 

これ、いい循環の楽天アフィリシステムって感じしない?

 

このシステムを作るノウハウが、ワンピースアフィリエイトなんですね。

 

だから、まず1つです。

 

いまあるブログを有効活用してもよし、
新しくブログを作るならば、ちょっと便利なテンプレートを使うもよしです。

 

その後の応用も、このワンピースのノウハウには、
ちゃんと書かれています。
あら便利!!って感じましたよ。

 

 

私だって、楽天アフィリをやっていたときは、隙間の時間です。
ホンノ1時間くらい。

キーワードを決めるのが一番時間がかかったかしらね。

 

あとは、記事のリライトですもの。

 

記事投稿ツールなんてあったら、すぐできちゃうかも????

 

私の基本特典には、自動投稿出来るツールもついているので、
時間短縮にもなるはずよ。

 

ただ、私は記事を書くのが好きなので、
自動投稿ツールも使ったことはありません。

 

それに、楽天アフィリエイトの場合、
長い文章はいらないものね。

 

だから、楽しかった!!

 

そして、キーワードが決まった時は、
ますます楽しくなりました。

 

このノウハウが、
ワンピースアフィリエイト・マジックです。

 

自分の空いている時間と、
放置ブログで、楽天アフィリを始めてください。

 

楽しくできれば、どんどん発展していきますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:ちえぞう

chiezou



こんにちは。ちえぞうです。
手作りモノが、大好きで、好きが講じて手芸家になりました。
自分の時間を、もっと大事にするため、アフィリエイトもしています。 夢を叶える為に、日々奮闘中です。

もっと詳しくプロフィール♪

line

お役に立てたら、ぽちっとな ♪



Fc2ランキングへ



お問い合わせ

ペンちゃんをクリック!!

pen

ご質問や、ご相談など、
気軽にメールしてくださいね。

アメブロテンプレート参考本

このページの先頭へ