マインド 心をリラックスさせること。

colorful-vector-spirals_21-2025

3月になりました。

別れ・出発・出会い

新しいことの、予感がしたり、
暖かい気候に、心もウキウキするシーズンです。

 

 

会社や、パートなど、外で仕事をしている方は、
今の季節、とっても忙しい時期ですね。

 

主婦の方であれば、卒業式や、今後の入学式などで、
毎日バタバタしてしまいますね。

一般の会社でも、決算時期だし、
転勤や、異動時期でもあります。

 

こんな時期に、副業かよ!!

 

そう、心に余裕がない時は、
何も、考えることができないでしょう。

 

今、目の前にあることしか、
まず、出来ない・・・・。

 

他のことは、ちょっと後回しに、なってしまいますね。

 

でも、先を見ている人は、どうでしょう?

 

自分の先を見据えている方は、
たいがい、視野が広いです。

 

足元だけを見ている方は、どうでしょうか?

 

そこだけを、見ているから、
遠くを見ることが、できません。

 

これって、アフィリエイトに、似ているんですね。

 

なぜか?

それは、先を見ていなければ、
すぐ、足を止めてしまうから・・・・。

 

今、現状うまく行っていない、
ちょっとスランプ・・・。

 

記事が、書けない。

 

いろんな、悩みがでてきます。。

 

私も、同じです。

心が、いつも整っているわけではありません。

 

そういう時の状態って、どういうものかというと・・・。

 

今しか見ていない状態。

 

結局、今ダメだ!!

 

そういう時です。

 

でも、ちょっと視野を広くしてみましょうか?

 

そうすると・・・・。

 

今なんで、アフィリエイトをやっているのか?

 

ということが、確認できます。

 

アフィリエイトは、稼ぐためのツールです。

 

これを、利用して、自分のやりたいことを、
やるために、アフィリエイトをやっているのでは、
なかったか?

 

そうなんです。

原点に、戻れることが、できるのです。

 

そうすれば、今だけを見ることが、
なくなるんです。

 

 

先を、見て行動することが、
出来るように、なるんですね。

 

今、ブログを作っているのは、
何のため?

サイトを作成するのって、
何の、誰のため?

 

見えてきますよね。

 

そして、始めたばかりの方は、
ちょっとだけ、立ち止まって、
こんな風に、考えてみてください。

 

どうして、アフィリエイトに興味を持ったのか?

 

そして、どんな未来にしたいのか?

 

ちょっと、心をリラックスしてみて!!

 

今が、ちょっと嫌だから・・・・かもしれません。

今より、ちょっとだけ、収入が増えたら・・・かもしれません。

 

理由や、動機は人それぞれ。

ライフスタイルも、人それぞれです。

 

だけども、現状から奪取するために、
選んだものが、アフィリエイトだったとしたら、
継続して、稼げるほうが、いいでしょう?

 

今やっていることは、
先へと、必ず、繋がっていくはず!!

 

少なくとも、私はいつもそう信じているわけです。

 

そして、立ち止まってしまったときは、
必ず、この音声を聞き、そして、教材のマインド編
読み直します。

 

そうやって、出来上がった、
私のマインドです。

 

その音声とは・・・・。

 

これです。
 【お金と希望の法則・ほっとする豊かさ実現法】

 

 

時には、そうやって、心をリラックスさせ、
開放させてあげてくださいね。

 

 

 

11 Responses to “マインド 心をリラックスさせること。”

  1. こんにちは矢野と申します。

    >今なんで、アフィリエイトをやっているのか?
    スランプになるとこれすら考えることが
    いやになっちゃいますね^^

    でもここをしかっり見つめて
    日々がんばりたいものです。

    気づかせていただき感謝です。

    また遊びに来させてください。

    応援チャチャチャ♪

    • ちえぞう より:

      矢野さん、こんにちは。

      ブログへ訪問&コメントありがとうございます。

      共感していただいて、ありがとうございます。

      スランプからも、心をリラックスして、
      開放すると、ちゃんと前に進めることが、
      出来るように、なります。

      私がそうです。

      いつでも、ご訪問くださいね。

      応援ありがとうございます。

  2. おはようございます。昨日はご訪問&応援ありがとうございました。

    そうですね、何のためにアフィリエイトするのか?は常にもっていないといけないですよね。

    立ち止まっても、次に進めるように、いつも、心にはしっかりしたマインドもっていたいです☆

    応援です!!

    • ちえぞう より:

      ななさん、こんにちは。

      ブログに訪問&コメントありがとうございます。

      何のため?

      いつも、ちゃんと感じていれば、
      立ち止まらずとも、すみますものね。

      だから、マインドって、大事なんですよね。

      応援、ありがとうございます。

  3. ちえぞうさんへ

    いつもありがとうございます。かれんです。

    今日の記事、とても素敵ですね^^。
    先を見据えてアフィリエイトしていけば、
    必ず前へ進めると私も思います。

    色々な方が私たちの前を歩いて、またその道を
    照らし出して下さっていますしね。

    不安になったら、ちょっと心をリラックスして
    先を見ること。

    私も心に大切にこの言葉を取っておきますね^^。

    応援☆です。

    • ちえぞう より:

      かれんさん、こんにちは。
      いつもありがとうございます。

      記事の内容を、褒めていただいて、
      ありがとうございます。

      心をリラックスすることって、
      大事ですよね。

      最近は、本当に肩の力が、
      抜けている感じがしています。

      セラピストの方に、
      共感していただけて、本当に嬉しいです。

      応援、ありがとうございます。

  4. ちえぞうさん、はじめまして^^
    トーマと申します。

    視野を広く持つこと。
    原点に戻ること。

    本当に大切なことですよね^^

    ついつい目の前のことに囚われて
    見失ってしまいがちですが、
    心をリラックスさせて考えれば自ずと答えはでますね♪

    トーマも、常に視野を広く持ち続けたいと思います^^

    応援ぽちっ♪

    • ちえぞう より:

      トーマさん、こんにちは。

      ブログへ訪問&コメントありがとうございます。

      視野を広く持つと、
      自然と今のことが、先のことに変わっていきますね。

      今やっているこは、先に続く道だと思って、
      お互いがんばりましょう。

      応援ありがとうございます。

  5. ちえぞうさん
    初めまして、つなで☆です^^

    >今やっていることは、
     先へと、必ず、繋がっていくはず!!

    ちえぞうさんの記事に共感しました!

    私も何度も立ち止まり
    何度もくじけそうに^^;

    でも何のため?
    と思い頑張ってきました。

    今やってることが先に
    繋がるように
    頑張りたいと思いますね^^

    応援です☆

    • ちえぞう より:

      つなでさん、こんにちは。

      ブログに訪問&コメントありがとうございます。

      共感していただいて、嬉しいです。

      足元だけみていると、
      なんで?っていうことも、
      忘れがちです。

      たまに、思い出すと、また元気がでますものね。

      お互いに、がんばりましょう。

      応援、ありがとうございます。

  6. ちえぞうさん
    初めまして、つなで☆です^^

    >今やっていることは、
     先へと、必ず、繋がっていくはず!!

    ちえぞうさんの記事に共感しました!
    私も何度も立ち止まり
    何度もくじけそうになりましたが

    何のため?と自分に問いかけながら
    頑張ってきました

    今やってることが先へ繋がるように
    これからも頑張りたいと思います^^

    応援です☆

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:ちえぞう

chiezou



こんにちは。ちえぞうです。
手作りモノが、大好きで、好きが講じて手芸家になりました。
自分の時間を、もっと大事にするため、アフィリエイトもしています。 夢を叶える為に、日々奮闘中です。

もっと詳しくプロフィール♪

line

お役に立てたら、ぽちっとな ♪



Fc2ランキングへ



お問い合わせ

ペンちゃんをクリック!!

pen

ご質問や、ご相談など、
気軽にメールしてくださいね。

アメブロテンプレート参考本

このページの先頭へ